ビタフル等の電子タバコと紙タバコの違い

ビタフル等の電子タバコと紙タバコの違い

紙タバコは乾燥させたタバコの葉を紙巻したものであり、喫煙すればニコチンやタールといった有害な物質を多く体内に取り入れることになります。

電子タバコビタフルは、香りのついた水蒸気を吸い込むためニコチンやタールなどが全く含まれていません。そのため肺がんなどの健康被害が起きにくくなっています。

また、紙タバコは喫煙時に火をつけなくてはいけないため、火傷や火事などの怪我や事故の原因になることが多々あります。

しかし電子タバコは充電された電力により気化した水蒸気とそこに含まれるフレーバーを楽しむものであるため、火による火傷や火事といったことを心配する必要がありません。

ビタフル等の電子タバコは、紙タバコと違い体にも環境にも安全なものとなっています。

ビタフルや電子タバコの健康に影響する?

ビタフルや電子タバコの健康に影響する?

世の中は禁煙ブームになっていますが、ヘビースモーカーにとって完全にタバコをやめるのは厳しいという人もいるでしょう。

そんな方にも人気なのが、電子タバコビタフルです。これは従来のタバコのイメージを変えるものです。

ビタフルにはニコチンやタールが不使用ですから、健康被害も顕著ではありません。それどころかビタミンAやビタミンB12のほかにヒヤルロン酸や乳酸菌なども含まれています。

そのためタバコのニコチンのような依存症にならないので健康の悪影響を及ぼすことがないということで、若い人にとくに人気になっています。

さらにビタフルは完全使い切りになっているので衛生面からいっても安全になっています。8種類のフレーバーの香もしているので女性うけもよさそうです。

ビタフルや電子タバコが人気の訳とは?

ビタフルや電子タバコが人気の訳とは?

電子タバコが人気を集める訳として考えられるのは、一般的なタバコと違って規制に強いことです。条例の中には電子タバコが分けて規制されているところがあり、風当たりが強いタバコの中でも吸えることが大きいです。

タバコを吸う人の中にはクセや依存で吸い続けている人が多くいます。

電子タバコビタフルのように水蒸気に香りを乗せて吸うだけのものは、ニコチンといった依存物質が含まれていない事も大きな特徴となっています。

何かを吸い続けないといけない問題に置き替えることで、タバコ依存をやめるきっかけとしても使用方法があります。

また経済的に見ても紙巻きタバコと比べるとリーズナブルなものが多く、何かを吸うだけで良いのであればかかる費用の差は非常に大きくなります。